海洋調査

えー個人的に考えるこれからの日本の役割第一弾は「海洋調査」です。

海洋資源に関しては実は以前に結構な時間をかけて記事を書いていたのですが、記事を整理したときに間違って消してしまっていたようでちょっと萎えています(´Д`)

宇宙はまだまだ不確定要素が多いですし、何より移動に時間がかかることもあり、コロニーなどが作られない限りは、移住や惑星開発などは中々進まないと思っています。

それに加えて水中の場合はその日のうちに戻ってこれますし補給も容易です。なにより地球上の面積の7割は海なので、三次元的に考えれば利用できる空間はそれこそ無限大に広がっていると考えられると思います。

小説やアニメなどでもありますが、エンジニアの発想として自然にあるものを流用するということがあると思いますが、潜水艦や船なども水棲生物の構造を応用することでその能力が飛躍的に上がる可能性があるのではないかなと思います。

たとえば、足にヒレつけて泳ぐと凄く早く泳げるようになりますが、それの超バージョンアップ版みたいな感じですかね。考えただけで妄想が広がりますが(笑)

まずこれ日本ほど技術力が高い国はありませんし(中国は例によってパクりなので基礎技術がありません)、EEZ含めた領海が広い国もなかなかありませんし、4つのプレートの上に存在するお蔭で地震が頻発するというある意味罰ゲーム的(地政学的にも)な地理的要素と、そのおかげでマグマやプレートの流動によって勝手に資源が日本に近づいてくるというとんだ棚ボタ環境にあるのは、やはり日本だけなのではなかろうかと思う訳です。

海底資源としては、石油・天然ガス・メタンハイドレード・金・銀・銅・亜鉛・鉛・レアメタル・コバルトリッチクラストなどがあり、主に小笠原方面や沖縄方面に存在します。ガスやハイドレードは東シナや日本海ですかね。

japan_kaiyou001
注目される日本の海底資源 – 三井物産戦略研究所 – より

コスト面でまだまだ実用には遠いようですが、技術が進めばコストも低くなりますし、何か画期的な採掘方法や素材が発見され流用される可能性は多いにあります。

何より日本の弱さであった資源が無い国という位置づけから、莫大な埋蔵資源を持つ資源国家となるのことができるので、夢は広がるばかりです。海洋開発は私が10代ならば間違いなく進みたい道のひとつですね。

地球上の海底の最深部は12000メートルほどだと言われていますが、世界の海洋底の99.8%は水深7000メートル未満なので、日本の誇る「かいこう」・「しんかい6500」をもうちょっとブラッシュアップすればほぼすべての海域を網羅することができるはずです。

現在でさえ、かいこうは11000メートル・しんかいは6500メートルの潜航能力がありますのでね。

広い日本の領海とEEZで培った綿密な調査・発掘技術が確立すれば、ほぼすべての海域での海洋開発が可能になるでしょうし、その高い技術をもとに国際協力が可能になるでしょう。

すぐに流用したりする国がありますから、技術を提供する必要は全くありませんが(ライセンスならいいかもしれない)、海底資源の調査・開発を請け負うこと(採掘したうちの何%を報酬でもらうとか)で双方にメリットがありますし、経済関係を深化させることで安全保障にもつながりますし、どこかの大国と異なり現地の雇用も生むわけですから、多いに感謝され友好度が増していいことづくめのような気がします。

日本的左翼や反日思想の持ち主は「日本はダメダー」と繰り返しますが、私から見ればこれからの日本は明るい未来のほうが多いと思っています。

問題があるのであれば、それは既得権益にぶら下がった人達や、夢や志などを持たず、他人の功績を横取りしようと虎視眈々と狙っているような蔑むべき輩が跋扈し、政治・行政・報道に関わっているという現状ではないのかなと。

いずれにせよ変えていかなければいけないところは限りなくありますが、時代に合わないものは排除されるのが自然の流れですし、悲観的にならずに未来に向けて頑張っていきましょう。

背伸びをせずに自分のやれることからやるだけでも数が集まれば物凄い力になりますからね。

今から20年、30年後が楽しみです。生きてればいいけど(笑)。


※参考文献・資料など

海洋基本計画について

海洋基本計画(平成25年4月26日閣議決定)

※追加:2015/08/21

是非見ていた頂きたい動画なので紹介しておきます。独立総合研究所の青山さんですね。独特の方なので好き嫌いはあると思いますが、既得権益に対して真正面からぶつかり、真に日本の国を思う方だと私は思っています。寝てない自慢は聞き飽きましたけどね(笑)。でもこれだけの方は中々存在しないのでお体には気を付けて頑張って欲しいです。

番組概要

基本的にはメタンハイドレードのお話

エネルギーの既得権益に関わる人達の酷さと絶望的な事なかれ主義

若い力で発想の転換を

太平洋側で決まったんで予算出せません(笑)

青山繁治だけには関わらせるな。

ちょっとまじめにメタハイ掘ろうかなと言ったらロシアがガスの値段下げてきたよ。

国益を毀損している官僚と権威主義・女性蔑視

ざっと書くとこういう内容になっています。

元々の私がそうでしたが、これだけを聞いていると小沢一郎や山本太郎を応援したくさえなります。これからの保守政治家はここらへんの再構築が必要になってくるのではないかなと思います。

そのためにも官僚主義の権化であるような大東亜戦争の研究が必要なはずなのですけどね。


保守 ブログランキングへ

個人的に思う日本の敗戦と日本の役割

まぁなんというか、自民党の媚中・媚米の争いは日本における基本的な対立構造なのでしょうが、なぜかそれがリベラル・ハト派と保守・タカ派にわかれるのか微妙に意味が分かりません。

両国が争ってこその日本の有用性というものがあるのでしょうし、言ってみれば緩衝国のようなものなので、媚中と言えとは言いませんが、メディアも親中派・親米派で分ければいいのになとは思います。

まぁただ、これは私の立ち位置も関係しているのでしょうが、この何十年か政治を見てきて中共よりも米国のほうがまだましだよねというのはありますね。

どうせつくなら覇権国の下が良いでしょうし、ウィルソン・ルーズベルト・トルーマンみたいな輩を除けば、国交が成立してからは基本的には友好国なので(笑)

周知のごとく中国経済が崩壊したからいって世界恐慌は起きませんが、アメリカ経済が崩壊したら間違いなく世界恐慌が起きると思います。

落ちたといわれていても、そのくらいアメリカ経済というのは世界に影響がある訳です。

またその豊富な経済力を背景にした圧倒的な軍事力(2正面+1)は他の追随を許しませんし、何より空母を運用しガチガチの艦隊決戦をした日米が同盟を組んでいるということは、他国がどうあがいても越えられない壁なんですよね。

なにより一応「正義」というものを本気で信じているバカな国民性も似たところがありますし、自衛隊が完全に軍として機能するのならば、脳筋(爆撃・火力)と根暗(潜水艦・兵站・後方支援)という意外とスペシャルな組み合わせなんじゃないかと思っています。だからこそ中国あたりは必死に抵抗しているのでしょうね。

なので私はアメリカとの同盟を基軸に進めていく方向で良いと思っています。何事も急に変えられる訳ではありませんし、それが国家レベルなのであればまずは国民の認識から変える必要があるのですからなおさらです。

戦後ずっと続いてきた戦勝国や新左翼による自虐史観からの脱却がだんだんと進み、国民がきちんと歴史や政治に向き合い、主権国家としての日本国のありようを吟味して憲法を制定し、安全保障の充実を図ったうえで平和国家としての道を歩み世界に貢献していけば良いだけの話だと思っています。

日本の敗戦がもたらしたもの

白色人種による植民地支配の終焉
有色人種の人権意識の覚醒
防共堤防の破壊
アジアの共産化
世界的な新左翼の跋扈
日本人の自虐史観の発生
異常な反戦・反核・反天皇主義

個人的にはこんなかんじなのかなと思います。一番大きなことは植民地支配の終焉ですかね。

大東亜戦争が聖戦だなどというつもりはありませんが、日露戦争からの流れで日本が大東亜戦争に突入し、世界で初めて有色人種として白色人種に勝利し、互角以上の戦いをした結果、有色人種の意識を変化させたことは間違いないのではないかなと思います。これは世界の仕組みを変えてしまったことなので、個人的にはインターネットの出現よりも大きな出来事だと思います。

と、同時に欧米の日本に対する憎悪も分かるような気がします。知ったこっちゃないですけどね(笑)。

結局戦争には負けちゃいましたけど、勝ち続けた結果、大日本帝国が東亜・太平洋諸国をまとめて、ヒトラーのナチスと世界の覇権を争う、もしくは共産主義と鼎になるという混沌とした世界よりはマシだったのではないでしょうか。

共産主義や国家社会主義を駆逐するという共通の目的で日米で同盟を組んでいればなとも思うのですけどね。まぁ近衛とルーズベルトじゃどうしようもない訳ですが。

ここらへんはコミンテルンの工作がいかに素晴らしいか、スターリンと毛沢東という二大巨頭の戦略の素晴らしさと、その流れを組む新左翼が今どのように動いているのか、その対策を練るためにさらなる研究が必要なところなのでしょう。

あとは日本に巣食う共産主義者と極左と敗戦利得者と反日活動家を殲滅、もしくは全人口の5%以内にできれば当分は平和が続く気がします。

安全保障に関しては日米で組んでおけば当面は安全だと思いますし、アジアに関しても日本・インド・オーストラリア・東亜諸国で軍事同盟(アジア版NATOのようなもの)を組めば中共は抑えられるでしょうからね。

これからの日本の役割

海洋調査
高い技術力を活かした途上国への支援
人口100億に向けての食糧危機への対策
環境保護・復元
3R(リデュース・リユース・リサイクル)の世界展開・技術支援
日本的面白文化の発信(個人的に)

個人的にはこういう感じなのかなと。

これちょっと長くなると思うので、カテゴリー作って個人的に思うことを順番に書いていきたいと思います。


保守 ブログランキングへ