共同通信のねつ造報道。著者本人が全否定。南京虐殺否定を無断加筆 ベストセラーの翻訳者

さっそく日本的左翼が狂喜乱舞したり、しっかりとした情報の裏付けの提示も無しに一方的に書かれた記事で批判が続出していますが、事実であれば確かに翻訳として完全にアウトですね。

南京虐殺否定を無断加筆 ベストセラーの翻訳者

米ニューヨーク・タイムズ紙の元東京支局長が、ベストセラーの自著「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」(祥伝社新書)で、日本軍による「『南京大虐殺』はなかった」と主張した部分は、著者に無断で翻訳者が書き加えていたことが8日明らかになった。

英国人の著者ヘンリー・ストークス氏は共同通信に「後から付け加えられた。修正する必要がある」と述べた。翻訳者の藤田裕行氏は加筆を認め「2人の間で解釈に違いがあると思う。誤解が生じたとすれば私に責任がある」と語った。

同書はストークス氏が、第2次大戦はアジア諸国を欧米の植民地支配から解放する戦争だったと主張する内容。「歴史の事実として『南京大虐殺』は、なかった。それは、中華民国政府が捏造したプロパガンダだった」と記述している。

だがストークス氏は「そうは言えない。(この文章は)私のものでない」と言明。「大虐殺」より「事件」という表現が的確とした上で「非常に恐ろしい事件が起きたかと問われればイエスだ」と述べた。

藤田氏は「『南京大虐殺』とかぎ括弧付きで表記したのは、30万人が殺害され2万人がレイプされたという、いわゆる『大虐殺』はなかったという趣旨だ」と説明した。

だが同書中にその説明はなく、ストークス氏は「わけの分からない釈明だ」と批判した。

同書は昨年12月に発売、約10万部が売れた。ストークス氏単独の著書という体裁だが、大部分は同氏とのインタビューを基に藤田氏が日本語で書き下ろしたという。藤田氏は、日本の戦争責任を否定する立場。ストークス氏に同書の詳細な内容を説明しておらず、日本語を十分に読めないストークス氏は、取材を受けるまで問題の部分を承知していなかった。

関係者によると、インタビューの録音テープを文書化したスタッフの1人は、南京大虐殺や従軍慰安婦に関するストークス氏の発言が「文脈と異なる形で引用され故意に無視された」として辞職した。(共同=ベン・ドゥーリー、木村一浩)

[47NEWSより]

http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014050801001804.html | 魚拓

南京大虐殺のくだりは5章(全22ページ)に書かれているのですが、これが全て藤田裕行氏の加筆なのですかね?

この本の基本的な内容はおおむね日本に好意的なもので、戦勝国史観(いわゆる自虐史観)ではなく、反日左翼が「歴史修正主義」とか「ネットde真実」とか揶揄しているような、彼らにとっては到底受け入れがたい史観です。

まえがき部分にはこう書かれているのですが、

前略

大東亜戦争は、日本の自衛のための戦いだった。それは戦後マッカーサーがアメリカに戻って議会で証言した「マッカーサー証言」によっても明らかだ。東京裁判は裁判の名に値しない無法の復讐劇だった。「南京大虐殺」にしても、信用できる証言は何一つとしてなく、そればかりか中国が外国人記者や企業人を使って世界に発信して謀略宣伝であることが明らかになっている。「慰安婦問題」については論ずるにも値しない。

中略

日本人は、いまだに連合国がでっち上げた「戦勝国」史観の呪いから抜け出していない。本書が、その束縛から逃れる一助となれば幸いである。最後に私の原稿や口述を翻訳・整理する労を執ってくれた藤田裕行氏に厚く感謝したい。

共同通信で掲載されたストークス氏のコメントが事実であればこの史観は出てこないはずでして、つまりはこの本の多くの章が加筆されているのではないかと思うのですね。この本の構成は以下のようになっていまして、

第一章:故郷イギリスで見たアメリカ軍の戦車

第二章:日本だけが戦争犯罪国家なのか?

第三章:三島由紀夫が死を賭して問うたもの

第四章:橋下市長の記者会見と慰安婦問題

第五章:蒋介石、毛沢東も否定した「南京大虐殺」

第六章:「英霊の聲」とは何だったか

第七章:日本はアジアの希望の光

第八章:私があったアジアのリーダーたち

第九章:私の心に残る人々

終章:日本人は日本を見直そう

という感じです。共同通信の情報が事実であれば、コレはもはやストークス氏の著書ではないと思いますが(笑)。

最後の解説の部分で加瀬英明氏が「著者のストークス氏は、私の多年の親しい友人である」と書いていらっしゃいますが、長年に渡って親交のある友人をこのような形で裏切ったりするものですかね?

事実は当事者にしか分からないでしょうから、是非ご両人からの説明を聞いてみたいと思います。最近マスコミの捏造ひどいですから全く信用できませんしね(笑)。

ちなみに「関係者によると、インタビューの録音テープを文書化したスタッフの1人は、南京大虐殺や従軍慰安婦に関するストークス氏の発言が「文脈と異なる形で引用され故意に無視された」として辞職した。」というのは、この方のようで、

In regards to “Questions surround reporter’s revisionist take on Japan’s history”

上記サイトでストークス氏とのやりとりを公開しています。魚拓

※追記 2014/05/10

えー、祥伝社からこの件についての告知が出ておりますのでリンクしておきます。

祥伝社による「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」に関する各社報道について

※追記2 2014/05/11

上記告知について共同通信が反論しています。http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014050901001888.html | 魚拓

録音もとっているらしいので、是非ストークス氏に承諾を得たうえで音声を公開して欲しいと思います。

※追記 2014/05/20

ストークス氏自身が語る動画がUPされました(英語)。


保守 ブログランキングへ