クソフェミ目線の国際常識など必要ありません。早急な対処が必要な地域は他に沢山あるはずなんだがな(笑)

皆様こんにちわ。国会中継が最高に面白い今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

野党の議員はすでに選挙モードに入っているのか、安倍政権時のデータだけを見て政策の不備を喜々としてツッコんでおりますが、ほぼすべてが民主党時代より回復傾向にあったり、政策担当能力の欠落した彼らがグチャグチャにしたことの後始末というデータが続々とバレてしまい、そのたびに言葉に詰まる様はまさにセルフ公開処刑にしかみえません。

東大卒で官僚経験者というのはこんなバカしかいないのかと度々思いますが、官僚で使えない人間がコネを見つけて政治家になってると考えれば辻褄はあいそうです。そもそも官僚があんなのばかりなら日本潰れてそうですし。

さて話を戻しますが、絶対に古事記や時代の流れ・歴史を調べてさえいないクソフェミニストが、伝統ある我が国の根幹部分に文句があるそうで早速記事になっています。

なぜここまで執拗に憎まれる必要があるのか知りませんが、一応連合国の集合体で敵認定されてるからなんでしょうか。外務省の皆さんには正しい情報の発信と出鱈目な報告への抗議など、全力で頑張って欲しいもんです。

しかしこれはやっぱり中国や朝鮮の手回しなんですかね、委員会に中国籍の人いるみたいだし。そもそも皇室に文句つけて得する国は中・韓・北くらいなもんでしょうしね。

皇室典範見直し、当初要求…国連女子差別撤廃委

国連女子差別撤廃委員会が7日に発表した日本の女性差別に関する報告書を巡り、男系男子による皇位継承を定めた日本の皇室典範が女性差別にあたるとして、見直しを求める内容が報告書最終案に盛り込まれていたことが8日分かった。

複数の日本政府関係者が明らかにした。政府が反論し、最終的に記述は削除された。

政府関係者によると、最終案は4日、同委から政府に示された。皇室典範が女性天皇を認めていないことに「concern(懸念)」を表明し、見直すよう求めていたという。

政府は、在ジュネーブ日本政府代表部を通じて、〈1〉十分な議論もなく皇室典範に関する意見を突然盛り込むのは手続き上の欠陥がある〈2〉国民の支持を得ている世界の王室・皇室制度を取り上げるのは不適切――などと反論し、削除を求めた。政府関係者は「反論しなければ、そのまま掲載されていた。報告書の作成過程に疑問がある」と語った。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160309-OYT1T50000.html

認めていないのは女系であって女性ではないのですが。国際機関として伝統ある我が国に上から目線でご忠告を頂くのは結構ですが、いい加減そのくらい理解して頂けませんかね。

しかも民間女性でも皇族となれる可能性はあるのですが、男性は皇室に入ることさえできないので、皇族にもなれないことはご承知なのでしょうか。これこそ男性差別ですね。

大事なことなので二回書きますが、男性差別なんですよ(笑)

そもそも、表面的なことだけで女性差別と声高に叫び、権力を背景に他国の伝統文化を足蹴にするあなた方の民族や国はどうなのですかと。

キリスト教でも歴代のローマ法皇と枢機卿は全て男性ですし、チベット・ラマ教のダライラマやユダヤ教のラビ、イスラム教の神職など男性のはずで、その地位は基本的に男性によって継承されているはずですが、それに対して「女性差別だ!けしからん!」という国際機関は聞いたことがないのですけどね(あるなら教えてください)。

これ絶対知らないと思うんですけど、天皇皇后両陛下がどれだけの祭祀をこなし日本の為に尽力されているのか、それを知るだけでも全然印象変わりますよ。私なら絶対なりたくないですもん。

天皇陛下のご公務を年収に換算するとどのくらいなのかを考察しました。 – 平均年収.jp –

天皇皇后両陛下のご日程

【驚き】天皇陛下はこんなに忙しい!!天皇陛下の超激務な内容まとめ【公務】


ちなみに今回こんなふざけた報告書を提出しようとした、23名の国連女子差別撤廃委員会委員名簿は米国wikiでは確認可能ですが、日本版では国籍さえも確認できません。なんででしょうね。

国連女子差別撤廃委員会英語版wikipediaより

ちなみに日本人が委員長です。普通の日本人なら絶対に反対すると思いますけど不思議なもんですね。

しかしまったくこいつら(反日勢力と結託したバカ左翼や公的中立な立場のはずなのにチャイナマネーに買収されてる人達)ときたら、不満や腑に落ちないことばかりで、日本人としては精神衛生上非常によろしくない訳ですが、最後に一言、

黙れカス( ´,_ゝ`)


保守 ブログランキングへ

軍艦島が世界遺産に登録され韓半島が燃え上がる

アイデンティティが無いなら野菜でも食ってろよ。

「徴用施設、世界遺産は反対」vs「1910年以前の遺産だ」

日本の明治産業革命遺産23カ所のユネスコ世界文化遺産登録決定を前に、韓日両国が激しい外交戦に突入した。ユネスコ世界遺産委員会傘下の民間諮問機構である国際記念物遺跡会議(ICOMOS、イコモス)が4日、ユネスコに遺産登録を勧告した23施設のうち問題になっている所は三菱重工業の長崎造船所と海底炭鉱である端島炭鉱、高島炭鉱など7施設だ。日帝強制占領期間に韓国人5万7900人が強制的に連れて行かれて苛酷な労働に苦しめられ、94人が亡くなり5人が行方不明になった。

これらの施設を世界文化遺産に登録するかどうかは6月28日から7月8日までドイツのボンで開かれる第39回世界遺産委員会で最終決定される。韓国や日本・ドイツ・インドなど21の加盟国が参加して世界遺産登録には3分の2以上の賛成が必要だ。韓国としては最低7カ国の協力を得れば登録を無にできる。

韓国外交部の関係者は5日「強制徴用の恨(ハン)が漂っている施設の遺産登録に反対する」として「強制労働問題を世界遺産委員会加盟国に強く提起する方針」と明らかにした。外交部はユネスコ主宰国であるフランスのパリと外交チャネルを総動員して加盟国を説得するという意向を明らかにした。

日本政府は強制徴用施設についての直接的発言を自制する代わりに日本に友好的な加盟国を前面に出して韓国の主張に対する反論を展開するよう誘導し、投票で遺産登録を成功させるという方針だ。下村博文・文部科学相は5日「日本の近代産業遺産は1910年以前の話だ。そこで朝鮮人強制労働が行われたのではない。時代が全く違う」と主張した。産業施設の遺産登録期間を1850年から1910年までに限定して韓日強制併合以降の強制徴用を巧妙にはずそうとする内情をあらわにした。日本の外務省関係者は「韓国の圧力によって世界遺産委員会議長国のドイツが、日本側に韓国と協議して産業遺産に強制徴用記念碑を建設するよう促している」と話した。

産経新聞は5日「韓国が各国で反対運動を展開、最終決定まで予断を許さない」として「韓国は朴槿恵(パク・クネ)大統領が4月にコロンビア・ペルーなど世界遺産委員会加盟国を歴訪して登録反対を訴えて回った」と主張した。共同通信は「朴槿恵政権が日本との外交戦で敗れたという批判が韓国内で強まる見通し」と報道した。

一方、百済時代を代表する公州(コンジュ)・扶余(プヨ)・益山(イクサン)の遺産8カ所をまとめた百済歴史遺跡区もユネスコ世界遺産に登録される可能性が高まった。4日、イコモスが百済地区を世界遺産に登録するようユネスコに勧告したためだ。百済地区は来月開かれる世界遺産委員会で登録が確実視されている。百済地区が登録されれば韓国は、1995年の石窟庵(ソックラム)・仏国寺(プルグクサ)、海印寺(ヘインサ)の蔵経板殿、宗廟(チョンミョ)の3件が初めて登録されて以降20年ぶりのことで計12件の世界遺産を保有することになる。

だが韓国と日本の歴史遺跡が世界遺産に登録される過程を見守る専門家たちの気持ちは複雑だ。イ・ジョンチョル元漢城(ハンソン)百済博物館建設推進団長は「古代には良い関係を維持していた両国が、近現代になって悪化した背景が今回の遺産登録でも反映されている」として「韓国は堂々としているが、日本は歴史を否定して偽りの論理を咲かせ国際社会で恥ずかしい境遇になった」と話した。

拉致った奴隷57900人 / 死んだ奴隷100人 × 100 = 0.1727155

まぁまず最初に無慈悲にツッコんでおきますが、0.2%の死亡率は過酷な労働とは言いません。むしろ自然死か病死かである可能性の方が高いです。

この時点で既に彼らの論拠がおかしいというのは、単純な計算ができる人間なら誰でも気付くはずなので、むしろこのようなことを積極的に対外発信して失笑を買うのは韓国人だと思うのですが、なぜこのような単純な論理が彼らには理解できないのか毎回不思議に思います。

まぁ、そんなことを日本人の私が考えても理解できないので仕方ないのでしょう。

ちなみに彼らの主張どおりにわざと奴隷にしてますが、実際は徴用や通常の就労であり賃金も支払われています。そもそも炭鉱夫は危険性も高く重労働ですから賃金が高くなければ働き手がいません。

強制的に労働させる為には、奴隷を動かすための強制力である暴力=軍事力が必要になる訳ですが、軍艦島に1コ中隊でも駐屯し軍人が管理運営していたとは聞いたこともありません。ただの民間企業である三菱の所有地なので当たり前の話ですけどね日本の領土内ですし。

賃金が安かったという説もたまに見受けますが、そういう場合に限って日本人就業者との対比を掲載していないので信憑性に欠けています。それが在日朝鮮人の著作にかかれたものなのであればなおさら信憑性はガタ落ちになるというものですね。

しかもそのような本を基にした批判的な記事でも死亡率は日本人1.9%・朝鮮人2.5%(うろ覚え)・中国人3.6%(うろ覚え)という感じで対して違いがありません(彼らの論法ではこれが強制労働の証左になるそうですが)。

そして未払いだろうがなんだろうが、全ての請求権は日韓基本条約で全て解決済みです。

いい加減で覚えてください。

強制連行というのは日本で有名なものではシベリア抑留というものがありますが、この場合は、

約107万人が終戦後シベリアやソ連各地に送られ強制労働させられたと見られている。アメリカの研究者ウイリアム・ニンモ著『検証-シベリア抑留』によれば、確認済みの死者は25万4千人、行方不明・推定死亡者は9万3千名で、事実上、約34万人の日本人が死亡したという。

ということで約31%の死亡率な訳ですが、このような本気の強制労働と比べて申し訳ないと思ったことは無いのでしょうか。

強制徴用の恨(ハン)が漂っている施設

0.2%程度の死亡率で1000年ものの恨みが醸成されるらしいので、彼らにとってはさぞかしこの世は怨嗟の地獄絵図なのでしょう。日本人には何の関係も無いですが。

韓国の圧力によって

やることどこでも変わりませんね。真偽や善悪など関係なく自分達と主張のみをとおす圧力団体。これで好かれる道理がありません。まぁ日本人には何の関係も無いですが。

産業遺産に強制徴用記念碑を建設するよう促している

日本国の領土なので内政干渉です。

「古代には良い関係を維持していた両国が、近現代になって悪化した背景が今回の遺産登録でも反映されている」として「韓国は堂々としているが、日本は歴史を否定して偽りの論理を咲かせ国際社会で恥ずかしい境遇になった」

いや歴史上そんな時代あんまり無いですね。

といいますか、こんなこと言って自分で恥ずかしくないんですかね。

韓国というのは、日本に懇願して併合され、日本人の名前を名乗って満州で支那人・満州人相手に威張り散らし、日本が負けるといつの間にか米国で活動していた反日テロリストを独立運動の闘士に祭り上げ、気が付けば戦勝国の仲間入り(認められてないが)をしていたような国であり、強制連行・性奴隷・日帝による富の収奪・創氏改名・ハングル禁止など、全て韓国側の主張と真逆の証拠が出てきている訳ですが、一体何を根拠に日本が歴史を否定していると主張しているのか詳しく聞いてみたい気もします。あぁもちろん願望とか思い込みとかじゃなくて、学術レベルの話です。

本当に最近はこいつらキ●ガイじゃないのかなと思うくらいに偏執的なのですが、そんなに自国に誇る歴史や文化がなく(実際無いけど)、ことあるごとに日本に依存して生きていかなければいけないのなら、今からでも歴史や文化を独自で作る努力をすればいいだけなのですけどね。

ハッキリ言ってストーカーレベルでキモいので、こっち向いてほしくないんですよね。申し訳ないんですけど国レベルでこれなので、政治と民間は別とか言われてもまず相手が韓国人なら積極的に友人になろうとは思わないですよ。だって面倒臭いもの。

まぁ他国のことをいちいち気にする前に自国で何か誇れるものでも作り上げると多少は溜飲が下がるのではないですかね?

アイデンティティがないのなら野菜食べると良いですよ(by ヌンチャク)


保守 ブログランキングへ

世界には浪花節など存在しない(と思ってます)

まぁたまにはこういう話題でもと。

メジャー移籍か…グリエル来日拒否で解雇 米なら年俸10億円超確実

DeNAは2日、右太腿裏痛を理由にキューバにとどまり来日のメドが立っていないユリエスキ・グリエル内野手(30)の契約を解除した。高田繁ゼネラルマネジャー(GM=69)によると、来日時期の見通しが立たず、ケガの状況も判然としないため。昨オフに総額5億円で再契約したが、契約解除による違約金は発生せず、本人も同意しているという。自由契約選手となったY・グリエルにはメジャー移籍の可能性も浮上している。

いつになるか分からない来日を待つことなく、「解雇」という措置を取った。午後5時すぎ、広島戦前に横浜スタジアムの一塁ベンチで報道陣に対応した高田GMは淡々とした口調で説明した。

「きょうグリエルに契約を解除すると通告した。理由は、本人が故障を理由にして、いつ日本に来るか分からないから」

キューバ国内リーグに参加していたY・グリエルは所属チームのシーズン敗退を受け、当初は3月24日に来日する約束だった。しかし、右太腿裏を痛めたことを理由に「完治するまでは日本に行かない」と連絡を入れ、球団側が要求した診断書の提出も拒否していた。

球団は28日に担当者をキューバに派遣。窓口である政府と交渉したが、本人には会えなかった。そのためこの日になって自宅まで押しかけ、本人と直接話し合った。日本でプレーしたいという意思は示したものの「完治してから」の一点張りだったという。高田GMは「2日に担当者と一緒の便に乗せて帰ることも考えたけど、それも来ないと。契約というものを理解していないのではないか。ずるずるやってもチームにマイナスになる」とあきれ顔。その場で契約解除を通告し、本人も書面にサインした。

Y・グリエルは、昨季キューバ政府が選手の海外移籍を解禁したことを受けて、5月にDeNAに入団。62試合で打率・305、11本塁打をマークし、オフには巨人との争奪戦を制し、再契約にこぎ着けた。年俸3億5000万円、契約金などを含めて総額5億円という破格の契約だったが、同GMは「お金は一切発生しない。本人も要求していない」と説明した。

Y・グリエルの今後は不明だが、メジャー移籍の可能性は十分ある。メジャーは現在、空前の「キューババブル」で、チャプマン(レッズ)、プイグ(ドジャース)ら多くの選手が活躍したことで契約金が高騰。さらに米国とキューバの国交正常化に向けた動きを受け、今年2月に大リーグ機構と米政府の間で合意した新規定では、米球団が政府の許可なく、キューバ選手を獲得できるように大幅緩和された。

同時期にY・グリエルは大リーグ公式サイトの取材を受け「誰もが最高の舞台であるMLBでプレーしたい。自分は合法的に行きたい」と話していた。仮にメジャー球団との交渉になれば、相場は年俸10億円以上となるのは確実だ。

Y・グリエルはこの日、自由契約選手として公示された。高田GMは「好きにやっていいよ。これでも獲るというなら巨人だって獲れるよ」と、既に無関係の立場を強調。国際大会でも輝かしい経歴を持つ「キューバの至宝」だが、日本球界ではお騒がせ助っ人として名を残すことになった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150403-00000001-spnannex-base

以前、テレ東の番組でキューバを特集している時、彼も出演していて家族のコメントや同僚のコメントなど色々と放送していました。

ご存じのとおりキューバは非常に珍しい共産主義国家で主導者が富を独占していませんから、経済的な賛否はあるにせよ、米国初のカトリック系大統領で乱痴気騒ぎでフィーバーするのが大好きだともっぱらの噂のケネディ大統領(とのその関係者・マフィアですかね)からの圧力によるキューバへの制裁とそれに対抗したカストロ&ソ連によるキューバ危機が無ければ、米国との国交はあったでしょうから今頃はもうちょいと経済的にも余裕があったような気がします。

まぁケネディに関しては自分で危機を起こしておきながら、「あ、ヤベ」と思い必死になって回避したことが功績になっている意味が分かりませんが(笑)

それはさておき、キューバという国自体はこういう経済事情なので、やはり海外への出稼ぎは魅力的になりますね。

少し前までは認められていませんでしたので、野球で大金が稼げる選手は米国に亡命し現在は年間で何十億を稼いでいるという始末です。

このような事象が影響したのもあるでしょうが、カストロが議長を退いたこともあるでしょうし、なにより国の財政や経済的な側面も大きいようで、海外で稼げる人材には積極的に稼いで貰おうというスタンスに代わってきているようです。そしてそのエージェントを国が担うと。

うろ覚えなので正確ではありませんが、仲介手数料は大体1割か2割程度だったと記憶しています。グリエルの場合は日本円で5億なら1億ほどが国に入るということなのでコレはやはりデカいです。

また、すでにWBCなどで有名な選手はキューバから直接大リーグに行く選手もいるでしょうし、いったんは日本に来て成績を積み重ねて大リーグからスカウトされるとか、もしくはそのまま日本で助っ人として活躍ということも考えられます。日本で適応すれば外国人助っ人として結構な年数稼げますからね。

それに、成績さえよければ大リーグの年俸はハンパな額ではないので、基本的には大リーグでの活躍を願うというのが家族や国の希望だと思います。日本ではせいぜい5億が限界でしょうから。

dena

で、ここで浪花節が大好きな日本人が落胆したり憤慨したりする訳ですが、商売として野球選手をやっている以上、より大きな報酬を求めるというのは当たり前のことだと思います。

グリエルの家族が「彼は我が家の生命線だ」みたいなことを言っていたのを記憶していますが(違ってたらごめんなさいw)、社会主義で賃金が平等であった貧しい時代から、いきなり億単位の年収になれるのですから当然家族はその光に集まるでしょうし、自分を今まで育ててくれた親や家族の願いを受け、より上を目指そうと思うことは悪いことではないはずです。

日本は非常に恵まれた国でありながら富の転換率も非常に高いので格差が少ない為、あまりこういうった途上国の事情が分からないのかもしれませんね。

もちろん契約は大切ですが、契約によって発生する違約金などの支出と、新たに大リーグと契約することによる収入の計算で、収入のほうが上回り、なおかつその後の展望を考えるのであれば、日本球団との契約を破棄して、新たに大リーグの球団と契約を結んだ方が良いに決まってるではないですか。

契約とは元来そういうものであり、違約によって生じるマイナスを補てんする契約を盛り込んでいないほうが甘いのですから、誠意がないとか応援しようと思わないとかブーイングものだとかいうのは何か違う気がしますけどね。

約束を守り礼節を尊び信義を貫くというのは日本的美徳ではありますし、私も大好きな考えですが、それを基準にしては世界とは渡り合えないと思います。

特にほら、約束は破るためにあり、礼節などは守らず、信義って何それ美味しいの?って国が隣にありますからね(笑)

多分ね、こういう考えだから世界中でダマされるし、尊敬もされるし、変態扱いもされるんでしょうね日本人って。

「なぜ日本人はそうなんだ!訳が分からない理解不能だ!」って感じに思われることって結構多いと思うんですよね私。だからこそコアな日本好きな外国人の方が生まれるのでしょうけど。


保守 ブログランキングへ