まさか参院選に出るとはw

昔は番組途中でいちいちキレるのが代名詞のおっさんでした。

自分がおっさんになると、「一体この人はなんなんだw」という具合で、いつもラジオを聞くたびに興味深い話や、時事の裏側を読んで「実はこういうことなんだけどね」的な話をしてくれる、本気の中道保守、いわゆる愛国者になっていたように思います。

ちなみに寝てない自慢と英語自慢は聞き飽きましたけどねw

なんで出馬したのか?

一番の殺し文句は、安倍首相からの「外務省と経産省を変えることができるかもしれない」だったみたいです。

青山さんは真珠湾も直接現地取材してますし、当時の軍人と話もしてますからね。うまくいけば教科書の記述が変わるきっかけになるかもしれません。

青山さんの奥さんは(博士です)メタンハイドレードの簡単な採掘(発見だったかも)法の特許を持っていて、それを利用すれば簡単に採掘できるそうなのですが、経産省やらの利権の絡みで認めてもらえず(聞いた話ですけど)、国は太平洋側に重点を置いて無駄な開発を続けてるという始末です。何やってるか全然意味不明ですね。

メジャーとかとの兼ね合いもありますし、米国が出てきそうなのでなんともな感じですが、青山さんの条件として、言うこときかねーよとか、なんでも言っちゃうよとか、かなり暴れん坊な感じなんで、霞が関の壁が崩れるということもあるかもしれませんから、是非頑張って欲しいです。なにより後先関係無いですからねw

日本的変態左翼はまだ生きてんの?

民進と共産はもうあれ完全に野合ですよね。だから票取れないのに全然分かってないんだからホントに頭湧いてるんじゃないですか?

もっと地道に政策で対抗していけば支持も増えるのに、未だに実績無視で安倍=ヒトラー=独裁者=軍国主義者なんですからね。

そもそも政策見たって保守よりリベラルだし、独裁者でも軍国主義者でもないですよ。一つの法案を決めるのでも四苦八苦してるじゃないですか。それも身も蓋もない嘘ばかりを野党が連発しているのが原因ですが(笑)

自分達より学力で劣る(東大)くせに結果も出せる、明らかに安倍首相が嫌いなだけでしょ。

そのくせ棚ぼたでゲットした与党生活では何も実績を残せず、残したのは他民族(というより特定の民族かな)のためになるような政策や法案ばかり。

チンピラ活動家やメディア人と組んで、与党をひたすらディスるは、個人攻撃はするは、嘘とは言えないギリギリの言い回しで、全く印象を変える報道をしてしまうはで、SNSのない昔ならともかく、これだけ情報網が発達している平成の世にバレないと思っているその考えが危機意識の無さを露呈してるのですけれどね。

今回の参院選で半減してくれれば嬉しいかなぁ。

というか君たちって本当になんでそんなに勉強しないの? 共産主義やいきすぎた民族共生の先には破綻しかないのがリアルタイムで進行中なんですけどね。


保守 ブログランキングへ

難民と移民と欧州のエセヒューマニズム

欧州への難民(経済移民とも言われていますが)の流入が止まりませんね。私からすれば自業自得としか言えませんが。

欧州の国々というか、基本的にアングロサクソンというのは、自分たちのしてきたことを棚に上げて他者を批判し人道主義者ぶり(要するに自己正当化)ながら、これまでに人類にどれだけの苦しみや悲しみを負わせてきたのか、その意識や贖罪もないままに何度も同じことをくりかえしています。

そのような中で、元々は自国の富を得るためではなく防衛ラインの獲得や有色人種の地位向上のために動き、搾取する帝国主義的な植民政策ではなく、教育とインフラ設備のために日本の税金を使ってその国を発展させるという政策をとったのが大日本帝国なのですが、なぜかその大日本帝国はナチスと並び称されるファシスト国家という意味不明の悪評を浴び続けています。

スペイン・ポルトガル・オランダ・イギリス・ドイツ・フランス・アメリカが世界で行った植民地政策が、現在国際的に批判されることなどが無いにも関わらずです。これを欺瞞と言わずに何と言えば良いのか私には分かりません。

そもそもユダヤに対する圧政や虐殺はナチスの専売特許のように言われていますが、古くはローマ時代からの欧州の伝統のようなものです。

中東が混乱しているのはなぜなのか

そもそも中東の混乱は欧米諸国が自国の権益のために引き起こしたものでアジア諸国には何の責任もありません(と同様に中国共産党を育ててしまったのは日本なので現在の東アジアの状況は日本が作り出してしまったとも言えます。これこそ謝罪が必要です)。

その原因はオスマントルコ解体後、イギリスに代表される当時の欧州列強が利権のためだけにアラブ諸国を適当に分割して統治したことに起因すると私は考えています。まぁなんていうかスエズと油と地中海の利権ですね。

中東やバルカン半島などは、モザイク国家と呼ばれる国も多いように、もともと交易が発達していたり十字軍の影響などで人種・宗教が入りまじっているので、基本的にまとまりようがありません。

それはチトーという強力な独裁者がいなくなったことによるユーゴ分裂と、サダム・フセインやカダフィという独裁者を欧米の価値観で排除した結果で証明されています。

その国や地域にはそれぞれに適した統治方法があるにも関わらず、人道的な立場といって西側の民主主義を押し付けた結果、現在のような混沌とした状況になり、アラブの春と言われて歓喜していたことなどはもう忘却の彼方であり、西側の思想に反対している極端な原理主義者と無法者が結託してできたISISが猛威を振るい、シリア・イラクにわたって勢力を築いているような状況です。

このような状況なので、識者や専門家によっては、中東はオスマントルコがあった時が一番安定していたんじゃないのかと言われているほどですね。

そもそも欧米人は勘違いしていると思いますが、日本はもともと神話の時代から合議制の国であり、維新後はだんだんと日本型の民主政治に変更していました。

そういった土壌があるからこそアメリカの民主主義が受け入れられただけの話です。いい加減で欧米人は自分達の価値観こそ先進的で文化的だという幻想を捨てたらどうなのですかね。

難民の受け入れはどうなっているのか

シリアからの難民は400万を超えると言われていますが、同じイスラム圏のトルコやレバノンなのどの周辺国がシリアを含めた内戦難民を約300万人受け入れているのに対し、2015年の6月時点で積み残しになっている難民認定申請はEU全体で56万7785人であり、ドイツは30万6010人・スウェーデン5万6005人・イタリア4万8305人という数字が出ています。

ドイツのメルケル首相が2万人の受け入れを表明しましたが、申請されている数の10%にも満たない訳です。ドイツは父系の権威主義的伝統を持つ国家だと、フランス人学者のエマニュエル・トッドさんが主張していらっしゃいますが、効率と厳格さを求める国民性なので他者に寛容な社会ではありません。

ここ最近の経済発展とそれに伴う移民の流入で、元々のドイツ人(富裕層ではない)が移民に対して悪感情を抱いていたり、ムスリムの文化が入り込んで伝統的な景観が失われていることや、学級崩壊、移民の生活保護申請の問題などで、かなり軋轢が大きくなっているようです。

近年の欧州のサッカー代表を見てもあらゆる人種が混じっていることに気付いている人も多いと思いますが、このような移民と原住民との軋轢はドイツに限ったことではなく、他の欧州諸国も同様であり、徐々に問題が表面化しているように感じます。

移民の分類

極右政党とされているフランス国民戦線のルペン党首に至っては「ドイツは自国の人口が伸び悩んでいると考え、低賃金の労働者を求め、大量の移民受け入れを通じて奴隷の雇用を続けている」とさえ発言しています。

ドイツは潜在的に労働人口が50万人ほど(60万だったかもしれない)不足しているといわれており、東欧諸国の安い労働力がその原資になっていますが、そこにシリアからの難民(というより職を求めてやってくる経済移民ですね)が入ることで彼らの職が奪われることになりますので、そのような人たちはもちろん難民受け入れに反対でしょう(特にシリア人というのは優秀だそうなので)。

そもそもシリアから脱出するにはそれなりの資金が必要であり、基本的には富裕層しか逃げることが出来ません。そもそも難民であれば難民キャンプはいくらでもあるのですから生活だけはそこでできる訳です。

そこにとどまっていないということは難民ではなく実質的には経済移民なのですが、それでは受け入れ条約が厳しいため(ILO条約)、難民という形になっているのでしょう。

これは様々な専門家が言及しているところであり、混乱の続く自国では生活ができないので他国に生活基盤を求めて脱出しているというのが事実のようです。朝鮮戦争時に日本に避難してきた朝鮮人と同じですね。

内戦による難民であれば国内事情が落ち着けば帰国するのでしょうが、このように外国に生活基盤をと考え母国から逃げた経済的に割と余裕のある人々が、地べたを這いつくばり血の汗と涙を流し国家を安定させた人々から暖かく受け入れられるのでしょうかね。

移動の多いあちらのほうでは茶飯なのかもしれないので、日本人の感覚ではちょっとわからない部分もありますからどうかは分かりませんが。

テロの可能性

すでにISISが4000人もの工作員を難民に紛れ込ませて潜入させたという声明(ブラフ?)を出していますね。

これはISIS側からすれば、もちろん当然のことであり絶好の機会です。

特に子供が海岸に打ち上げられた写真が世界中に衝撃を与えたので、表立って難民の受け入れが反対しにくい状況になっていますから、ISIS側としてはこの機を逃すつもりはないと思います。

メディアや役立たずの国連が欧州だけでなくアメリカや日本にまで移民受け入れを要請していますが、このようなテロリストが容易に入り込めるような状況で、移民を受け入れるべきではないと考えます。

特に日本のような脆弱な防御手段しかもたない平和ボケした国ならなおさらの話です。

そもそも一番の問題は国連が全く機能していないことです。このような状況下で事務総長が中共の戦勝記念パレードに参加しているような組織ですからね。

敵国に指定されているにも関わらず多大な分担金を支払っている日本に「協力が足りない」とか馬鹿かお前らと言いたい気分です。そんなもんはまず常任理事国でどうにかしろと。

マスメディアの欺瞞

まず私が疑問に思ったのは、すでに何千人もの犠牲がでているような状況でありながら、なぜ今この時期にあのような写真が都合よく出てきてメディアで全世界に流されたのかということです。

私にはどう考えても難民の受け入れを拒否する=人でなしのレッテルを貼る口実を作ったようにしか見えません。よくあるエセヒューマニズムの押し売りや人道主義の名を借りた言論弾圧のようなものですかね。

その結果、難民という名の経済移民が欧州中に広がる訳です。得をするのはいったい誰なのでしょうかね。グローバル企業なのか、それと結託した政治家なのか、テロリストなのか、そのすべてなのか。

そのしわ寄せは間違いなく該当する国の国民に来るわけでしょうけどね。そもそもそういうことを提起するのがメディアの役割だと私などは思うのですが。

難民の今後

未だに根強い人種・宗教による差別が残っているとはいえ、経済的に問題が起きることがなければ割と上手くいくと思います。

しかし経済が下向きになり失業率が上がると、雇用の奪い合いやセーフティネットの具合で必ず不満のはけ口は移民に向けられます。これはいつの時代も変わらない歴史の事実ですから今回も間違いなくそうなるのでしょう。

そのようなことが無いように各国政府(特にドイツ)には頑張って欲しいとは思いますが、中国と経済的に関係の深い欧州地域がこれからどうなるのかは予断を許さない状況なのかもしれません。

なんといっても経済的にかなり苦境に立たされている中国とロシアが輸出入ともに20%ほどありますからね。

欧州での最大の受け入れ国はドイツなのですが、実際にEUを牛耳っているのもドイツであり、そのドイツは中国とはズブズブですから今後はちょっと大変かもしれません。

日本のできること

基本的には経済的な支援だけでしょう。そもそも日本はムスリム受け入れの態勢は整っていません。

そこまで厳格でなければ問題ないのでしょうが、宗教的価値観の低い日本(というより独自過ぎる宗教観)で、ムスリムのサポートをしてくれというほうが無理な話です。

インフラ・環境事業などは日本の得意分野ですから、シリア復興に役立てれるようなテクノクラートを支援するために、日本への渡航を許可したりすることには賛成です。

日本の移民制度について

日本の場合は、民主党のバカどもが改悪した難民制度の見直し(難民申請を行った外国人に対し申請から半年後には就労資格を自動的に与えるように変更)のおかげで、難民が平成22年から3倍以上に伸びていることを考えれば、難民という名を借りた就労目的の偽装難民が多数発生していることは一目瞭然な訳であり、そのような事情を考慮せずに「日本は極端に難民を受け入れる数が少ない」などとのたまう外国人やメディアやそれを真に受けたバカ左翼などは、ぜひ正論で論破してほしいと思う今日この頃でございます。

ちなみに私は、日本国民と同等の権利を与えてしまうような移民受け入れには反対の立場です。日本に必要なのは日本という国を愛し、文化・歴史を尊重し、日本という国とともに生きていく人達だけで良いと思うからですね。

そのような日本を愛する方が、法律にのっとって永住資格を取得したり、帰化をして日本人として生きていかれるのには賛成しますけどね。

※関連・参考記事

欧州が難民を受け入れるべき理由(コラム)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/04/refugees_n_8086674.html

シリア難民急増「日本も協力を」 国連、受け入れ訴え
http://digital.asahi.com/articles/ASH6L64RXH6LUHBI02J.html

ドイツ、移民流入による今年の経済負担予測1兆3200億円
http://www.afpbb.com/articles/-/3059539?ctm_campaign=topstory

水死した男児の写真、シリア難民からは激しい怒りの声
http://www.afpbb.com/articles/-/3059434?ctm_campaign=nowon_txt

海岸に打ち上げられた移民男児の遺体、欧州各国で波紋呼ぶ
http://www.afpbb.com/articles/-/3059247?ctm_campaign=nowon_photo

ハンガリー首相、「移民危機は欧州でなくドイツの問題」
http://www.afpbb.com/articles/-/3059362

有刺鉄線くぐってハンガリー入りする移民たち
http://www.afpbb.com/articles/-/3058592

ドイツ・ミュンヘンに難民2万人、受け入れ反対デモも
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2581057.html

日本の厳しい難民認定制度に欧米ネット称賛「日本を見習うべき」
http://news.livedoor.com/article/detail/10577174/

日本の難民認定申請の実情 - 気になることを調べてみましょう –
http://ameblo.jp/orange54321/entry-12071056890.html

在日難民との共生ネットワーク
http://www.rafiq.jp/siryou/news/150308yom.html

エジプト富豪、「島の購入」を申し出 難民の受け入れ先に

ロンドン(CNNMoney) 欧州諸国に中東やアフリカから難民、移民らが殺到している問題で、エジプトの富豪は6日までにイタリアもしくはギリシャで島を自費で購入し、これらの人々を収容させる支援策を申し出た。

この人物は通信企業グループ「オラスコムTMT」の経営者で中東でも指折りの富豪とされるナギーブ・サウィリス氏。ツイッター上で、イタリアやギリシャ両国に島を売るよう呼び掛け、島の名前を「希望」にすることも示唆した。購入費については「いくらでも出す用意がある」としている。
両国沖合には無人の数十の島々があるとし、10万~20万人が居住可能と指摘。自らの案は決して馬鹿げたものではないとも主張した。

また、同氏はCNNの取材に応じ、極めて簡単な解決策と説明。島を買った後、臨時の避難施設を用意し、小規模の港を造って難民らの船を到着させるとの考えを示した。難民らを雇用して自宅、学校、病院、大学やホテルを建設させるとも述べた。難民らはいつでも母国へ戻れる自由を持ち、島に住み続けることも出来ると語った。

島購入などを思い付いた動機に関連し、「政治家たちは感情がないとも時に感じる」とも強調した。

サウィリス氏の提案に対するイタリア、ギリシャ両国の反応は明らかでない。

http://www.cnn.co.jp/world/35070016.html


保守 ブログランキングへ

アベノミクスの失敗で株価暴落ダーもうダメダー年金崩壊ダー

もうほんと朝から馬鹿かとw

皆様こんにちわ。金融市場が不安定になっていますが、色々な大暴落をリアルで体験してきた身にとってはなんてことはない話です。

リーマンショックの時に為替相場といえばそれこそ行ってこいは当たり前、まさに丁半博打の鉄火場で阿鼻叫喚の地獄絵図だった訳ですが、その時に比べればテクニカルだけでも説明できてしまう状況なのでね。

8/24の22:10あたりにドル円がガッツリ下がりましたが、これはここにあった118.50あたりにあったストップロスが発動したのと、おそらくはそこ狙った仕掛けの便乗です。ただそれだけの話で経済云々はあんまり関係ありません。

見る人が見ればどの証券会社かは丸わかりな訳ですがそれはそれでw

jpyusd_001

で、この状況だけをみて急激な円高ガーと言う識者やコメンテーターがいますが、長期での運用はその投資期間にもよりますが週足・月足などを元に行います。で月足がこちら。

jpyusd_002

直近安値から高値の38.2%で止まっています。これは外国人投資家が好んで使う黄金比率(フィボナッチ係数)で、日本でいうところの1/3戻しというやつですね。王道なんですよ(笑)

で、反安倍教にとって肝心の日本株です。

225_001

日足チャートですが、現在はまだ前場で記事を書いているのでわかりませんが、上海総合が5%以上下げているのに対し、日本はほぼ前日終値まで戻していますので、ここらへんで一旦落ち着くかなと思います。

為替もそうですし、日経225のチャート的にも短期の推移ではここらへんでいいかなという感じにはなっていますのでね。一応この形は三空といって買い戻しが入りやすい足の形です。

反安倍教の司教レベルであろう「あべしね」で有名な池田氏ですが、

などという頓珍漢な名言を残されています。

慶應義塾大学経済学部教授の金子勝氏にいたっては、世界同時株安が安倍首相の退陣につながるという主張です。まさに宗教です。

またプログラムによる自動売買が主流の昨今で、時事通信が報道しているパニック売りとかを平気でツイートできるその見識にびっくりしていまいますね。

それに株が下がって得する人ってあんまりいないと思いますし、ましてや年金資金がぶち込んである以上この下がりを喜ぶのって日本人としてどうなのよと思いますけどね。まぁ宗教なので安倍のすること全部悪なのでしょう。

225_002

ちなみにこれは日経225の月足なんですが、民主党時代の悪夢の7000円時代から直近の高値からの戻しを考えると23.6%しか戻っていないことが分かります。

今後さらに高値を目指すためには地道に上げ下げを繰り返しながらの方が良いので、時間をかけて緑の線のあたりまで近づいてから反発してくれると、1996年の高値も照準に入るのではないかなと。

これでメタハイ実用化とかになればさらに上に行くでしょうしね。

安倍政権以前までデフレ政策で散々苦しんでいたのですから、方針を転換するのは当たり前の話でそこにイデオロギーを結び付けられてもねという単純な話です。だから日本的バカ左翼は嫌いなんですよ。


保守 ブログランキングへ

海洋調査

えー個人的に考えるこれからの日本の役割第一弾は「海洋調査」です。

海洋資源に関しては実は以前に結構な時間をかけて記事を書いていたのですが、記事を整理したときに間違って消してしまっていたようでちょっと萎えています(´Д`)

宇宙はまだまだ不確定要素が多いですし、何より移動に時間がかかることもあり、コロニーなどが作られない限りは、移住や惑星開発などは中々進まないと思っています。

それに加えて水中の場合はその日のうちに戻ってこれますし補給も容易です。なにより地球上の面積の7割は海なので、三次元的に考えれば利用できる空間はそれこそ無限大に広がっていると考えられると思います。

小説やアニメなどでもありますが、エンジニアの発想として自然にあるものを流用するということがあると思いますが、潜水艦や船なども水棲生物の構造を応用することでその能力が飛躍的に上がる可能性があるのではないかなと思います。

たとえば、足にヒレつけて泳ぐと凄く早く泳げるようになりますが、それの超バージョンアップ版みたいな感じですかね。考えただけで妄想が広がりますが(笑)

まずこれ日本ほど技術力が高い国はありませんし(中国は例によってパクりなので基礎技術がありません)、EEZ含めた領海が広い国もなかなかありませんし、4つのプレートの上に存在するお蔭で地震が頻発するというある意味罰ゲーム的(地政学的にも)な地理的要素と、そのおかげでマグマやプレートの流動によって勝手に資源が日本に近づいてくるというとんだ棚ボタ環境にあるのは、やはり日本だけなのではなかろうかと思う訳です。

海底資源としては、石油・天然ガス・メタンハイドレード・金・銀・銅・亜鉛・鉛・レアメタル・コバルトリッチクラストなどがあり、主に小笠原方面や沖縄方面に存在します。ガスやハイドレードは東シナや日本海ですかね。

japan_kaiyou001
注目される日本の海底資源 – 三井物産戦略研究所 – より

コスト面でまだまだ実用には遠いようですが、技術が進めばコストも低くなりますし、何か画期的な採掘方法や素材が発見され流用される可能性は多いにあります。

何より日本の弱さであった資源が無い国という位置づけから、莫大な埋蔵資源を持つ資源国家となるのことができるので、夢は広がるばかりです。海洋開発は私が10代ならば間違いなく進みたい道のひとつですね。

地球上の海底の最深部は12000メートルほどだと言われていますが、世界の海洋底の99.8%は水深7000メートル未満なので、日本の誇る「かいこう」・「しんかい6500」をもうちょっとブラッシュアップすればほぼすべての海域を網羅することができるはずです。

現在でさえ、かいこうは11000メートル・しんかいは6500メートルの潜航能力がありますのでね。

広い日本の領海とEEZで培った綿密な調査・発掘技術が確立すれば、ほぼすべての海域での海洋開発が可能になるでしょうし、その高い技術をもとに国際協力が可能になるでしょう。

すぐに流用したりする国がありますから、技術を提供する必要は全くありませんが(ライセンスならいいかもしれない)、海底資源の調査・開発を請け負うこと(採掘したうちの何%を報酬でもらうとか)で双方にメリットがありますし、経済関係を深化させることで安全保障にもつながりますし、どこかの大国と異なり現地の雇用も生むわけですから、多いに感謝され友好度が増していいことづくめのような気がします。

日本的左翼や反日思想の持ち主は「日本はダメダー」と繰り返しますが、私から見ればこれからの日本は明るい未来のほうが多いと思っています。

問題があるのであれば、それは既得権益にぶら下がった人達や、夢や志などを持たず、他人の功績を横取りしようと虎視眈々と狙っているような蔑むべき輩が跋扈し、政治・行政・報道に関わっているという現状ではないのかなと。

いずれにせよ変えていかなければいけないところは限りなくありますが、時代に合わないものは排除されるのが自然の流れですし、悲観的にならずに未来に向けて頑張っていきましょう。

背伸びをせずに自分のやれることからやるだけでも数が集まれば物凄い力になりますからね。

今から20年、30年後が楽しみです。生きてればいいけど(笑)。


※参考文献・資料など

海洋基本計画について

海洋基本計画(平成25年4月26日閣議決定)

※追加:2015/08/21

是非見ていた頂きたい動画なので紹介しておきます。独立総合研究所の青山さんですね。独特の方なので好き嫌いはあると思いますが、既得権益に対して真正面からぶつかり、真に日本の国を思う方だと私は思っています。寝てない自慢は聞き飽きましたけどね(笑)。でもこれだけの方は中々存在しないのでお体には気を付けて頑張って欲しいです。

番組概要

基本的にはメタンハイドレードのお話

エネルギーの既得権益に関わる人達の酷さと絶望的な事なかれ主義

若い力で発想の転換を

太平洋側で決まったんで予算出せません(笑)

青山繁治だけには関わらせるな。

ちょっとまじめにメタハイ掘ろうかなと言ったらロシアがガスの値段下げてきたよ。

国益を毀損している官僚と権威主義・女性蔑視

ざっと書くとこういう内容になっています。

元々の私がそうでしたが、これだけを聞いていると小沢一郎や山本太郎を応援したくさえなります。これからの保守政治家はここらへんの再構築が必要になってくるのではないかなと思います。

そのためにも官僚主義の権化であるような大東亜戦争の研究が必要なはずなのですけどね。


保守 ブログランキングへ

急進的反原発派の功罪

燃料コストなどの上昇はある程度は分かっていたことですが、こうやって実数値が出てくると改めて「もったいないなぁ」と思いますね。金銭的にも時間的にも。

ちなみに何回か書いていますが、私は段階的に原発を無くす方向が望ましいと思っている、消極的原発稼働派です。

理由は電源喪失時のコントロールと使用済み燃料の処理方法なので、それが確立すれば推進派になるとは思いますけども。

ただリスク管理の観点からもエネルギー生産の方法は4分割程度にしたほうが良いと思っていますし、化石燃料も上限がありますから(次から次に見つかるけど)、原子力に変わる発電方法が確立するまでは、できるだけの安全性を確保しながら続けるしかないよねという考えでもあります。

oil

co

lng
世界経済のネタ帳より

このように、火力やコンバインドに使うLNGは東日本大震災後、見事に値段が上がっていますからね。

では、そんなもったいない東京新聞の記事を見てみましょう。

再稼働した九州電力川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)が十四日、発送電を開始し、原発でつくられた電気が九州管内に流れた。九電は原発停止による燃料費の増加を理由に電気料金を本格的に値上げしており、今後、消費者や企業から電気料金の値下げ圧力が強まる可能性がある。値上げに踏み切った他の大手電力も再稼働後の対応が焦点となる。

九電は原発停止による火力発電の燃料費増大を理由に、二〇一三年春から家庭向けの電気料金を平均6・23%、企業向けを平均11・94%それぞれ値上げした。九電以外も原発を持つ大手電力六社が値上げを実施。北海道電力と関西電力は再値上げしている。

九電によると、川内1号機が発送電を開始したことで、収益は月七十五億円改善。2号機も再稼働すれば合わせて百五十億円になるという。そのため「いくらかでも値下げできるのでは」(地元企業関係者)との見方が出始めている。

九電は値上げ幅を決める際、一三年七月以降に川内1、2号機と玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)が再稼働することを前提にしている。また値上げだけで燃料費の増加をカバーできず、経営が悪化。一五年三月期連結決算で四年連続の赤字となった。ただ、一六年四月から電力の小売り自由化が始まる。料金競争が激しくなるのは必至だ。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2015081502000125.html

新型火力の建設費は松浦2号では総額で2000億円なので詳細は分かりませんが、三菱重工がインドネシアで受注した75万kw級のGTCCは500億程度、他の商社かもしれませんがタイで受注した170万kwのGTCCでは860億程度なのだそうです。

ある程度の対策をしてすぐにでも原発を使っていれば1基につき75億円が浮くとして、電力会社の所有する旧型の火力発電を100万kw級のGTCCやIGCCなどの新型火力への換装する費用(700億計算)に使うとすれば、1年で1基作れる金が浮くという計算になります。

既に東日本大震災から4年経過していますが、震災後1年で稼働させるとすれば3年間は回せている訳なので、1原発あたりで新型火力を3基作れる計算になる訳です。

九電圏内には5つの原発がありますから、震災後1年で稼働していればすでに15基の新型火力を作れている計算になる訳ですので、原発を無くすという方向性を考えて、それを火力で補うとした場合、それだけでも段階を踏まない極端な反原発運動の無意味さが実証されている訳です。

そもそも、電力を売って収益をあげるためには発電する必要があり、発電するためにには発電所が不可欠で、現状で一番安い燃料が原子力である以上、これを稼動させなければ、安全性の高い新型火力への換装や次世代発電方法の研究開発の資金も捻出できない訳です。当然核燃料の処理資金も捻出できません。

安全性を高めるように、情報開示やリスク管理の徹底を要望する為の圧力をかけるのは良いと思いますが、極左活動家が主導してやっている反原発デモや集会などに代表される「原発は今すぐ未来永劫稼働させるなこの人殺しが」などという極端な思考では、結局自分で自分の足を引っ張っているだけで、状況より悪化させているだけだとバレてしまった訳ですから、極左活動家とかバカ左翼以外の本気で原発が心配でという反原発派の人はもっと穏健な反原発的主張をすればよいと思うのですね。

このようなことが東京新聞の記事によって紹介されたというのは非常に感慨深いものがありますが、ほぼなにひとつ社会に貢献していない反原発原理主義者の功の部分がここに存在するのかなと。

1基あたりで月75億ということは、50基であれば月3750億、年間で4兆5000億、これが3年で13.5兆円です。

利益の改善額なのでまるっと利益ではないでしょうから13.5兆円の1/3と仮定しても4兆ほどはありますから、それだけあれば何ができたでしょうかね。多分なんでもできますよね(笑)。

民主党時代に決定した太陽光利権の補助金に回すより、日本海側だけでも原発を再稼動させたほうが、よっぽど早く脱原発の道筋が見えてきたのじゃないかと思います。それが急進的反原発派の罪ではないのかなと。

それにしてももったいない。

※関連記事
反原発原理主義者は一体何がしたいんだ?


保守 ブログランキングへ