ヘイトスピーチ(笑)

十分に予想出来た民進党のグダグダぶりが面白い今日この頃、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

最近、安保法が施行されましたが、いつ徴兵制が始まるのかものすごく楽しみです。赤紙ガー(´Д`)というやつですね。

変なプラカを持ち、絶叫している(いた)可哀そうな人達の懸念はいつもどおり今回も無駄になるのでしょうが、それでも総理大臣が最高責任者ではないとか、安倍首相が諸悪の根源と断定してしまう人たちにとっては「ふるえる」日が続くのかもしれません。

そんな中、欧州では民族・宗教対立が激化する一方ですが、日本ではこんな動きがでています。

自公 ヘイトスピーチ解消に向けた法案の原案

自民・公明両党は、「ヘイトスピーチ」と呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動の解消に向けて、国に相談体制の整備や啓発活動に取り組むよう求めるなどとした、与党としての法案の原案をまとめました。

自民・公明両党は、いわゆる「ヘイトスピーチ」を解消するための法整備に向け、作業チームを設けて検討を進めていて、31日に開いた会合で与党としての法案の原案をまとめました。

それによりますと、ヘイトスピーチを「公然と、生命や身体、自由や財産などに危害を加えることを告知するなど、日本以外の国や地域の出身者を地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義しています。

そのうえで、国にはヘイトスピーチの解消に向けた施策を実施する責務があるとして、相談体制の整備や教育、それに啓発活動に取り組むよう求めているほか、地方自治体に対しても、地域の実情に応じた施策を講じるよう努めることを求めています。

ヘイトスピーチを巡っては、民進党などが去年の通常国会に規制するための法案を提出していて、自民・公明両党は、与党内の意見集約を図ったうえで、野党側と協議したい考えです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160331/k10010462911000.html

先日、都民よりも在日韓国人を優先するような政策をとって避難轟々の都知事にたいし、桐嶋ローランドさんもツイートしていらっしゃいましたが、このような行政の無駄な心遣い、いわゆる特権や優遇というものが、余計に差別に繋がると全く分かっていません。

私などは中国や朝鮮などは国策として反日を取り入れていますから、完全に敵国として認識していますし、韓国にいたっては一応同じ陣営でありながら持前の事大主義にて右往左往し、すべての問題を日本の金で解決しようという浅ましさがみえみえです。

これだけでも差別の対象となりえるにも関わらず(人と国が別なのは重々承知しています)、日本と運命を共にしないような外国人が日本国民と同等の権利を主張し、それがメディアで延々と流れ、それに組するプロデューサーなどのもとで、日本中に偏った視点の報道が流され続けていると分かればなおさらです。

報道が事実ならばまだしも、この前のような発言のキリトリでの印象操作をニュースで流しても、「やっちゃいましたサーセンテヘペロ」で終了なので、暴走して当たり前です。それを修正しようとすれば電波を使って延々と「言論弾圧だ!」と騒ぐ訳ですから、これでは言論の自由が低くて当たり前で、その原因は反日バカ左翼とその背後にいる勢力であると簡単に推測できてしまいますし、いくら抗議の声があったとしても、電波の権利ははく奪されず、何の罰則もないという状態なのですから、これもかなり不平等な特権です。

これすべて日本人自身の責任なのは分かっていますが、少しでも異議をとなえれば「ヘイト・人種差別主義者」などとラベリングされ、悪くすれば社会的に抹消されてしまう危険性もある訳です。

これ自体が国民の権利をはく奪しているという状態だと思うのですが、そんなところを突っ込むメディアを見たことがありません。

「日本以外の国や地域の出身者を地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」に罰則がありますが、「日本以外の国や地域の出身者が地域社会から日本人を排除することを扇動する不当な差別的言動」についてはどうなんでしょうかね? もし、日本人の権利を最大限保護する文章が盛り込まれていないのなら、これが特権じゃなくてなんなのですかという気分です。

そもそも欧州の状況をリアルタイムで見ていて、過度な外国人保護(移民政策)は完全に失敗しているという結論にいたっていないのが不思議です。都合の良い時にだけ権利を持ち出し、それに付随する責任は一切放棄するような輩のために日本の税金を使う必要がどこにあるのでしょうかね。

あぁちなみに何度も書いていますが、理性的にお話ができるリベラルな方は嫌いではありませんし、軍服を着て旭日旗と軍刀でコスプレをしているような時代遅れのクサレ右翼や、特定の民族相手に「死ね」とか言ってる馬鹿も大嫌いですよ。


保守 ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA