第40代内閣総理大臣 東條英機の遺書全文

11060918375b6ac2d21a28d6db_1408317393

東條英機は日本の対米英開戦時の内閣総理大臣。現役軍人のまま第40代内閣総理大臣に就任した(在任期間は昭和16年(1941年)10月18日 – 同19年(1944年)7月18日)敗戦後に連合国によって行われた東京裁判にて「A級戦犯」として起訴され、1948年11月12日に絞首刑の判決が言い渡され、1948年12月23日、巣鴨拘置所で死刑執行された。享年65。

参考サイト
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-20.html

東條英機 歴史の証言

東條英機元首相 公的遺書 全文

開戦当時の責任者として敗戦のあとをみると、実に断腸の思いがする。今回の刑死は個人的には慰められておるが、国内的の自らの責任は死を以て贖えるものではない。しかし国際的の犯罪としては無罪を主張した。今も同感である。ただ力の前に屈服した。自分としては国民に対する責任を負って満足して刑場に行く。ただこれにつき同僚に責任を及ぼしたこと、又下級者にまで刑が及んだことは実に残念である。

天皇陛下に対し、又国民に対しても申し訳ないことで深く謝罪する。元来日本の軍隊は、陛下の仁慈の御志に依り行動すべきものであったが、一部過ちを犯し、世界の誤解を受けたのは遺憾であった。 此度の戦争に従事してたおれた人及び此等の人々の遺家族に対しては、実に相済まぬと思って居る。心から陳謝する

今回の裁判の是非に関しては、もとより歴史の批判を待つ。もしこれが永久平和のためということであったら、も少し大きな態度で事に臨まなければならないのではないか。此の裁判は結局は政治的裁判で終わった。勝者の裁判たる性質を脱却せぬ。

天皇陛下の御地位は動かすべからざるものである。天皇存在の形式については敢えて言わぬ。存在そのものが絶対必要なのである。それは私だけではなく多くの者は同感と思う。空気や地面の如く大きな恩は忘れられぬものである。

東亜の諸民族は今回のことを忘れて、将来相協力すべきものである。東亜民族も亦他の民族と同様に天地に生きる権利を有つべきものであって、その有色たるを寧ろ神の恵みとして居る。印度の判事には尊敬の念を禁じ得ない。これを以て東亜諸民族の誇りと感じた。今回の戦争に因りて東亜民族の生存の権利が了解せられ始めたのであったら幸いである。列国も排他的の感情を忘れて共栄の心持ちを以て進むべきである

現在日本の事実上の統治者である米国人に対して一言するが、どうか日本人の米人に対する心持ちを離れしめざるよう願いたい。又日本人が赤化しないように頼む。大東亜民族の誠意を認識して、これと協力して行くようにされねばならぬ。実は東亜の他民族の協力を得ることが出来なかったことが、今回の敗戦の原因であったと考えている。

今後日本は米国の保護の下に生きて行くであろうが、極東の大勢がどうあろうが、終戦後、僅か三年にして、亜細亜大陸赤化の形勢は斯くの如くである。今後の事を考えれば、実に憂慮にたえぬ。もし日本が赤化の温床ともならば、危険この上もないではないか。

今、日本は米国より食料の供給その他の援助につき感謝している。しかし、一般人がもしも自己に直接なる生活の困難やインフレや食料の不足などが、米軍が日本に在るが為なりというような感想をもつようになったならば、それは危険である。依って米軍が日本人の心を失わぬよう希望する。

今次戦争の指導者たる米英側の指導者は大きな失敗を犯した。第一に日本という赤化の防壁を破壊し去ったことである。 第二には満州を赤化の根拠地たらしめた。第三は朝鮮を二分して東亜紛争の因たらしめた。米英の指導者は之を救済する責任を負うて居る。従ってトルーマン大統領が再選せられたことはこの点に関し有り難いと思う。

日本は米軍の指導に基づき武力を全面的に抛棄した。これは賢明であったと思う。しかし世界国家が全面的に武装を排除するならばよい。然らざれば、盗人が跋扈する形となる。(泥棒がまだ居るのに警察をやめるようなものである)

私は戦争を根絶するためには慾心を人間から取り去らねばと思う。現に世界各国、何れも自国の存在や自衛権の確保を主として居る(これはお互い慾心を抛棄しておらぬ証拠である)。国家から慾心を除くということは不可能のことである。されば世界より今後も戦争を無くするということは不可能である。

これでは結局は人類の自滅に陥るのであるかも判らぬが、事実は此の通りである。それ故、第三次世界大戦は避けることが出来ない。

第三次世界大戦に於いて主なる立場にたつものは米国およびソ連である。第二次世界大戦に於いて日本と独乙 (ドイツ) というものが取り去られてしまった。それが為、米国とソ連というものが、直接に接触することとなった。米ソ二国の思想上の根本的相違は止むを得ぬ。この見地から見ても、第三次世界大戦は避けることは出来ぬ。

第三次世界大戦に於いては極東、即ち日本と支那、朝鮮が戦場となる。此の時に当たって米国は武力なき日本を守る策を立てねばならぬ。これは当然米国の責任である。日本を属領と考えるのであれば、また何をか言わんや。そうでなしとすれば、米国は何等かの考えがなければならぬ。米国は日本八千万国民の生きて行ける道を考えてくれなければならない。凡そ生物として自ら生きる生命は神の恵である。産児制限の如きは神意に反するもので行うべきでない。

なお言いたき事は、公、教職追放や戦犯容疑者の逮捕の件である。今は既に戦後三年を経過して居るのではないか。従ってこれは速やかに止めてほしい。日本国民が正業に安心して就くよう、米国は寛容の気持ちをもってやってもらいたい。

我々の処刑をもって一段落として、戦死傷者、戦災死者の霊は遺族の申し出あらば、これを靖国神社に合祀せられたし。出征地に在る戦死者の墓には保護を与えられたし。戦犯者の家族には保護をあたえられたし。

青少年男女の教育は注意を要する。将来大事な事である。近事、いかがわしき風潮あるは、占領軍の影響から来ているものが少くない。この点については、我が国の古来の美風を保つことが大切である。

今回の処刑を機として、敵、味方、中立国の国民罹災者の一大追悼慰霊祭を行われたし。世界平和の精神的礎石としたいのである。勿論、日本軍人の一部に間違いを犯した者はあろう。此等については衷心謝罪する。然しこれと同時に無差別爆撃や原子爆弾の投下による悲惨な結果については、米軍側も大いに同情し憐憫して悔悟あるべきである。

最後に、軍事的問題について一言する。我が国従来の統帥権独立の思想は確に間違っている。あれでは陸海軍一本の行動は採れない。兵役制については、徴兵制によるか、傭雇兵制によるかは考えなければならない。我が国民性に鑑みて再建軍隊の際に考慮すべし。再建軍隊の教育は精神主義を採らねばならぬ。忠君愛国を基礎としなければならぬが、責任観念のないことは淋しさを感じた。この点については、大いに米軍に学ぶべきである。

学校教育は従前の質実剛健のみでは足らぬ。人として完成を図る教育が大切だ。言いかえれば、宗教教育である。欧米の風俗を知らす事も必要である。俘虜のことについては研究して、国際間の俘虜の観念を徹底せしめる必要がある。

辞 世

我ゆくもまたこの土地にかへり来ん
国に報ゆることの足らねば

さらばなり苔の下にてわれ待たん
大和島根に花薫るとき


東條英機元首相 私的遺書 全文

昭和23年11月12日の死刑判決の6日後の11月18日、花山信勝師と面談時の遺書。

花山師と 面晤めんごの機あるに依り左件を
東條

一、裁判も終わり一応の責任を果たし、ほっと一安心し、心安さを覚える。刑は 余よ[1]に関する限り当然のこと、 唯ただ責を一身に負い得ず、僚友に多数重罪者を出したること心苦しく思う。本裁判上、陛下に 累るい[2]を及ぼすなかりしはせめてもなり。
1. 余 (よ):自分、2. 累 (るい):悪影響、迷惑

二、裁判判決 其そのものについては、 此この際言を避く、 何いずれ冷静なる世界識者の批判に依り日本の真意を了解せらるる時代もあらん。 唯ただ、捕虜虐待 等など、人道上の犯罪に 就ついては、如何にしても残念、古来より 有あり 之これ日本国民、陛下の 仁慈じんじ及び 仁徳じんとく[3]を徹底せしめ得ざりし、 一いつに[4]自分の責任と痛感す。
  然しかして 之これは単に一部の不心得より生ぜるものにして、全日本国民 及および軍全般の思想なりと誤解なきを世界 人士じんし[5]に願う。
3. 仁徳 (じんとく):他を慈しみ愛する徳
4. 一 (いつ) に:ひとえに、全く、5. 人士 (じんし):教養ある人々

三、第二次大戦も終わりて、僅か二・三年、依然として現況を見て、日本国の未来に 就中なかんずく[6]懸念なき 能あた[7]わざるも、三千年の培われたる日本精神は、一朝にしてか喪失するものにあらずと確信するが故に、終局に於いては、国民の努力に 依より、立派に立ち直るものと信ず。東亜に生くる 吾われは、東亜の民族の将来に就いても 此この大戦を通じ世界識者の正しき認識の下にその将来の栄冠あるべきを信ず。
6. 就中 (なかんずく):とりわけ、 7. 能わざる:出来ない

四、戦死戦病死並びに戦災者の遺家族に 就ついては元より連合国側に 於おいても同情ある救済処置を願いたきものなり。 之これも 亦また 誠まこと国に殉ずるものにして罪ありとせば、 吾吾われわれ指導者の責にして彼らの罪にあらず。 而しかして[8]吾吾は処断[9]せられたり。彼等を悲運に泣かしむるなかれ。 然しかも彼等を現況に放置するは遂に国を 挙あげて赤化に追込むに等し、又現在巣鴨にある戦犯者の家族に就いても既に本人各 罪つみに服しあるものなるに 於おいて、 其その同情ある処置を与えられたきものなり。ソ連に抑留せられしものは一日も速やかに内地帰還を願いて止まぬ。

敗戦 及および戦禍に泣く同胞を思うとき、刑死するとも 其その責の償い得ざるを。

東條英機という人物

東條英機氏はA級戦犯筆頭のような人物とされ、ナチスのヒトラーのようなもの、死にもできない小口径のピストルで狂言自殺を図った卑怯者、憲兵を使った恐怖政治の元凶者、など日本の敗戦における責任や何かを全てなすりつけられた人物ですね。

諸悪の根源と言われ続けた人物は、当時このような遺書を書いています。

私は歴史上の人物で私が最も好きなのが、石田光成・大久保利通という後世からの嫌われっぷりがハンパなく官僚型で血も涙もないような人物との定説のある人ばかりなのですが、世評を顧みず真に後世・お家の為に私心を捨てて尽くした人物だと思っています。公明正大で不正を嫌い一切の蓄財をしていないというのも共通するところでしょうかね(GHQの調査でも何もでていません)。

この2人と同様に東條英機氏も何百年後には必ず歴史家から再評価されると思っています。興味のある人は是非色々調べてみてください。

犬猿で有名ですが石原莞爾氏が元帥で東條氏が参謀だったらどうだったんだろうなと思ったりもしてしまいますね。

※アクセスして頂いている方々へ

昨日あたりからアクセスが爆発してびっくりしております。一応間違いのないように色々なサイトなどを見て東條氏の遺書を掲載させていただいていますが(参考サイトが消えると困るのでバックアップの意味も込めています)、間違いがある場合がございますので、その点ご了承ください。そのような場合はお知らせ頂けると助かります。

東條氏に関する書籍では東條英機 歴史の証言を読むと当時の日本側からの視点が良く分かるのではないかなと思います。


保守 ブログランキングへ

「第40代内閣総理大臣 東條英機の遺書全文」への17件のフィードバック

  1. 馬鹿が付くほど真面目で一直線で私利私欲を嫌った人物と理解しています。帝国軍人の責任者としてインチキ裁判を受けて立った、侍らしい潔さが気に入って、尊敬する人物とさせて頂いています。

    1. 陛下に対しては大変忠義を尽くされていたと思います。ただザ・官僚な方なので色々とミスった部分が多いかなとも思いますが、この遺言や宣誓供述書はそれこそ官僚ならではかなと。私はどちらかと言えば近衛氏や広田氏に批判的なほうなので、東條氏に同情してしまう部分もあるのかもしれませんね。

  2. 忠君思想に毒害され、それを自国の罪悪の言い訳にする、としか見えない。
    東京裁判の正義性に関しては議論する余地が確かにありますが、この方の正義性については、皆無だと思います。
    自殺の失敗、笑われるだけ。

    1. BUNKASHOUSHIさんがそのように判断されたのであればそうなのでしょう。個人それぞれ色々なとらえ方がありますからね。

  3. 個人的には東條さんを英雄と信じて疑わない者です。その東條さんの評価がそろそろ出ても良い頃だと思うのですが、70年という年月はまだ早いのでしょうか。。所謂「東京裁判」での東條さんに関する報道に当時の国民の中から「東條さん頑張ってるな!」というような声援があったと渡部昇一先生が仰っていたと記憶しております。「戦犯」は不在という当時の国民の声が大東亜戦争を、そして東條さんを含む殉職者の方々を評価してると感じるのですが。。

    1. 個人的には70年では早いような気がします。外国がというよりも日本国内の問題が大きいのではないかなと思いますね。

      これは渡部先生や倉山・上念氏なども良く言っていらっしゃると思いますが、学校関係の赤っぷりが酷いので、全体としての認識を変えるには、まずは教育から変える必要があるにもかかわらず、反対勢力のおかげと官僚・政治家の事なかれ主義でどうにもならないという現状をどうにかしないといけないという問題があるのではと思います。

      そもそも未だに戦犯がどうだとか言っている極左や共産党のような団体もありますが、そもそも国会で全会一致で戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議がでているので、すでに戦犯は存在しないとさえ言えない状況が異常なのですけどね。

      ネットのおかげで情報が広がりやすくなりましたから、まずはコツコツとやっていくしかないのかなと個人的には思っています。

  4. 十年ほど前に東条英機の映画を見て、それまで聞いていた人物像と大きく違っていたことを知りました。
    日本の赤化を憂いておられましたが、今まさにその危惧の通りに成っているのが、いかにも残念ですね。なんとか、本来の日本に立ち戻るよう教育界から立て直さねばなりません。

    1. そうですね、私も最初はビックリしました。インターネットのおかげで赤化はだいぶやわらぐのかなと思っています。彼らは基本的に思考が論理的ではなく感情的で議論討論に向いてませんから各SNSでことごとく論破されていますからね。私はリベラル・左派思想は否定しない立場なので、日本的バカ左翼が全滅してくれればそれで良いです。

  5. 今の日本が抱える問題点を、この時既に見抜いておられるのですね。
    私はまだまだ近代史を勉強中で、東條氏のことは上っ面しか知りませんでしたが、この遺書を拝読してイメージが変わりました。
    正しい認識と見識を持っているが、日本国の行く大きな流れに翻弄されたのだと思いました。
    日本国の悪だった部分を全て背負って東京裁判に挑み、世界の善悪を冷静にみておられたのだなと思います。
    東條氏はせめて、日本国民にはもっと評価されるべきだと思いますし、靖国に合祀されて当然の方だと思います。

    1. 人によっては評価が分かれるでしょうが、少なくとも学校で習うような人物ではないと思います。遺書もそうですが、お読みになられたことがないのなら東京裁判の議事録もオススメできます。

  6. 東条英機が死刑になった日に私は、生まれました。東条英機は、部下に命じてユダヤ民族を特別列車でハルピンに受け入れを認めさせました。部下の樋口季一郎、安江仙弘はシンドラーのリストに載っています。ユダヤ民族に貢献した人は、ゴールデン・ブックに載せられるのですが、東条は、部下に命じただけだったのです。直接会って許可していたら、ユダヤ人協会が死刑に反対したでしょうね辞世の句の中に仏の下に行ける喜びとありますが、なんだか悲しい気分になってきます。

  7. 太平洋戦争が、本来の自存自栄でも亜細亜解放でもなかったことを東條自らが語る貴重な一文です。
    自衛権を主張することを『これはお互い慾心を抛棄しておらぬ証拠である』と言っています。日本もつまり欲からこの戦争を引き起こしたということでもあります。
    あれだけ多くの人を無駄死にさせたのにこのいい草は何だろう。
    (無駄死にというのは、補給のあてもないのに作戦を進めて餓死させられた人とか、護衛軽視で移動中に撃沈されて亡くなった人などのこと)
    官僚としても最低最悪だし、武人としても情けないことこの上ない。
    単に保身と欲の為に日本人を無駄に死なせたどうしようもない小者であった。

  8. あの時代に起こったことは、当然責任を取らなければ、その被害を被った者たちは気がすまない。
    死刑にしないで生かしておいても良いかもしれないが。。

    しかし、指導者という立場を忘れ、見苦しい言い訳をしているようにしか見えない。

  9. 銃による自殺が失敗に終わったのは
    銃で撃ち抜いた後、GHQが踏み込んできて東條を無理矢理生かしたからです。奴らは『死なせるな、俺たちが死刑にする為に生かしておくんだ!』そう、殺す為に救命したのです。そうしないと戦争責任が自分達に降りかかる事を恐れたから。これほど卑劣で鬼畜なアメリカは
    今も変わらず他国に血を求めてます。

  10. 私の伯父は学徒で在りましたが徴兵では無く志願したそうです。終戦を南方で迎え捕虜に為ったと聞きますが日本に帰る事無く戦死扱いとなり遺髪が墓に納められています。
    何故日本に帰って来られなかったかと言うと、尉官で在った伯父の乗船順番に為った時、後の船に為った自分の部下に「私には家族(妻・子供)がいない。貴様(部下)には家族がおろう。待って居るだろう。先に船に乗れ。」と言って「私は次の船に変えてこの部下を先に日本に帰してやってくれ。」と連合国軍に申し出たそうです。頻繁に帰国の船が有る訳では無く、捕虜収容所で次の船を待って居る間に伯父は栄養失調と病気で餓死したそうです。次の船に乗る予定の伯父の部下が遺髪を持ち、その死へ至る様子を語りに私の祖父の家に訪れたそうです。
    昔の日本軍の軍人は戦う者としては非道な事も厭わず行わざるを得なかったかもしれませんが、軍人・武人としての覚悟と優しさは忘れて居なかったと信じます。忠君思想でも何でも有りません。銃後の人々の命と名誉と権利を守る為に自分の命が少しでも役に立つなら、、と自らの命を投げ出すのでしょう。自分と共に闘う者の命、名誉、権利を守る為に自らの命を投げ出すのでしょう。
    戦後、究極の状況の中に身を晒す経験の無い私達には想像する事が出来ない、想像を絶する思いが在るで有ろう事を認めざるを得ません。
    当時の世界の実情の中に「東亜を開放し、人間の情下無く、差別なく、平和な東亜共栄圏」を作りだそうとする思いが在った事も事実としなければならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA